2011「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
念願だった息子の最高の笑顔を見る事ができました
 「俺、絶対に横国受けるから……」。高三のセンター後の三者面談直前に、息子が言いました。点数も足りず、受かる確率はほぼ0に近い状況の中、悲痛な顔の息子の横顔は、今でも目に浮かびます。
 案の定、担当の先生に反対され、別の大学を受ける事にしました。結果は不合格。息子共々、大学受験の難しさ、いかに受験に対して甘かったかを痛感しました。息子の浪人が決まり、不安でいっぱいの気持ちで予備校選びを始めました。色々と検討した結果、息子が北九州予備校に決めました。理由は、「一番、厳しそうだから…」。一年間、とことん自分を追い込んでみるという、自分なりの覚悟だったようです。
 寮も決まり、家を出ていく日。主人に寮まで送ってもらいました。衣類と身の回りの物少しだけダンボールにつめて…。寮は携帯の持ち込み禁止の為、なかなか連絡はとれません。息子からの連絡は全くない為とても心配でしたが、月に一回届く北予備からの、タイムカードや、献立表を見ながら、息子の様子を想像していました。無欠席で真面目に通っているのがわかり、安心したのを覚えています。好き嫌いの多い息子が、残さず食べている様子をお知らせいただき嬉しく思いました。連休に息子の寮を訪ねた時に、寮長さんが優しく声をかけてくださいました。病気の時には病院にも連れて行っていただいたとか…。本当にありがとうございました。寮のお子さん方は、みなさん元気に挨拶してくれました。しつけもきちんとしていただきました。
 今年、第一志望だった横国に、合格することが出来ました。ご指導下さいました先生方、細やかな進路指導、温かい励ましをして下さったチューターの團野先生、ありがとうございました。念願だった息子の最高の笑顔を見る事が出来ました。北九州予備校にお世話になってよかったと、心より感謝しています。
 
横浜国立大学(経済―国際経済)合格 Y・I君(長崎・佐世保北高校卒)のお母さん
 
1浪目、大手予備校。2浪目は北予備で念願の九大(医・医)合格!
 我が家にもようやく春が来ました。
 思えば、一浪で終わらせて、国立大学医学部に入ってくれるものと期待し、大手予備校に入れました。それなりに頑張っていたのでしょうが、計画的に学習できない息子には、自室で一人だけでの自習は、集中できなかったのかもしれません。結果、センターで失敗し、二浪が決定しました。
 あの時の苦しさは、言葉でいい表せるものではありません。息子も気遣い、また自分自身も必死に耐え、一杯一杯の時間を過ごしました。もう少し可能性のある所を受験させればよかったと、何度も悔やみました。
 そして、自分自身の甘えを払拭しなければ、志望校合格は有り得ないと北予備の寮に入れることにしました。この一年頑張れるのか不安でしたが、毎月送ってもらうお便りや、先輩方の合格体験記などを読むうちに、不思議と安心できる自分がいました。本人も毎日の自習のお陰で、人に負けないだけの勉強量が、自信に繋がったようです。二次の受験が終わったあと、「ミスせずに解けたよ」と報告してくれました。
 三月八日の合格発表。待ちに待った「合格したよ」の電話でした。去年、九大を諦めさせずによかった、努力が実ってよかったと心から思い、今まで味わったことのない程の感動を息子から貰いました。「おめでとう」の前に「ありがとう」の言葉が出た瞬間でした。
 受験は、本人は勿論のこと、それを見守り支える親も大変な精神力がいります。朝が来ない夜はないように、必ず春は来ます。だから、子供を信じ、北予備を信じ見守って下さい。努力をすれば必ず報われます。それを叶えてくれる所が北予備です。
 今まで御指導頂いた、北予備スタッフの皆様、共に頑張った生徒さん、全ての方々に感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 
九州大学(医―医)合格 T・S君(長崎・佐世保北高校卒)のお母さん
 
数ヵ月で千件超のメール。家で勉強できるはずがない
 思い起こせば一年前国立大学医学部をめざし、前期、後期ともに無惨にも失敗し、息子の浪人が決まった。予備校探しである。数ある予備校の中から国公立大学医学部の実績が高く、厳しさで名高い北九州予備校を選び、よりいい刺激を受けるだろうとの思いで博多駅校に決定した。一心学寮である。寮では携帯電話持込不可、厳しい門限、消灯などのシステムがあり、今まで家で自由気ままにやってきた息子が、問題なく一年間やっていけるのか、一抹の不安を持ちながら送り出した。
 息子から預かっている携帯へのメールが、当然開かないし返信もしないのに一日に数十件、数ヵ月で千件を超えてしまった。こんな状態で集中して勉強できるはずがない。携帯ぐらいと思っていたが、これで良かったのだ。
 息子から寮での生活が厳しいんだという話も聞かされた。それでも自分の夢や目標の実現のために必死に頑張っている寮の仲間がいたからこそ、また自分の夢があったからこそ、あきらめず逃げ出さず頑張れたんだと思う。月日が経つにつれ、自己を律する力や自己を客観的に評価する目が養われているように感じた。色々な意味で一回り成長したようだ。北予備での浪人生活はきっと人生の糧になるに違いない。
 センター試験を終え、二次試験に臨むとき「これだけやったんだから」という寮での勉強量の裏づけからくるのだろう、絶対合格するという自信を感じさせられた。とは言っても医学部だ、親としては息子を信じつつも二浪も覚悟していた。その時は、また一心学寮しかないと決めていた。
 前期合格発表の日、合格の写メが届いた。まさに天国と地獄の感である。「努力は実る」。
 この一年間支えて頂いたチューター、寮長、副寮長、寮母の皆さん本当にありがとうございました。そして北予備で苦労を共にした寮の仲間達ありがとう。
 「北予備に感謝!!」
 
長崎大学(医―医)合格 D・M君(長崎・佐世保北高校卒)のお父さん
 
北予備を信じ娘の背中を押すことができたのが親の大きな喜び
 今年四月、娘は晴れて、念願の長崎大学医学部医学科に入学することができました。思えば幼少の頃より「お医者さんになりたい。みんなが笑って、過ごすことができるように病気を治せる人になりたい」と夢を抱いていました。今、やっとその夢に向かってスタートを切る事ができます。昨年一月、センター試験の結果はさんざんで、受験した大学は全て不合格。親子して涙、涙の日々でしたが、「まぁ、とにかく、卒業後の行き先を決めてやらんばな」と夫の一言で、私達の予備校探しが始まりました。経済的な面、指導力、立地条件等々を考えながら電話での質問、インターネット検索を行い、全ての条件を満たしてくれそうな「北予備・長崎校」に決めました。
 中でも、電話でのKチューターの対応はすばらしく、不合格した娘、その親に対する、労りの心を、電話を通じ感じ取ることが出き、「ここなら、大丈夫」と確信。ここから、娘の浪人生活が始まった訳ですが、親の心配も何のその、娘は、たくましく一年間の楽しくも、辛い浪人生活を乗り越え見事、長崎大学医学部医学科の合格を手にすることが出来ました。これも偏に校長先生はじめ、全ての先生方、チューター方、皆様のご指導を頂けた結果だと感謝しております。そして、寮長さん寮母さんの温かい励ましの言葉と、いつも笑顔で娘達を迎えてくれた優しさに感謝です。本当にありがとうございました。
 
追伸 昨年、私は、「合格体験記」を読ませていただく中で合格された親御様の喜びの声に、大変うらやましく思ったことを覚えています。それと同時に北予備の徹底した生活、学習環境に親として安心感をもつことが出来、娘を預けようときめる事ができました。「努力は実る」。北予備のキャッチフレーズを信じ、娘の背中を押すことが出来たことが、今、大きな喜びとして娘の手中にあります。
 
長崎大学(医―医)合格 Y・Eさん(長崎・佐世保南高校卒)のお母子さん
 
親が心配するような「うわさ」は一つもありませんでした
 四月四日、宮崎大学の入学式を迎えることができました。振り返ってみると、昨年は医学部進学がかなわず、どうしようかと思案しておりましたところ、娘が「寮に入り再出発をしたい」と言い出しました。いろんな知人、友人から北予備長崎校の情報を聞いた後、娘と一緒に説明会へ行きました。そして、清心学寮の入寮を決めました。
 寮生活は、携帯電話なし、テレビなし、規則正しい生活、バランスのとれた食事、真剣な寮生の姿など、すばらしい様子を知りました。親が心配するような「うわさ」は一つもありませんでした。ちょっと厳しいかなとも思いましたが、一年間の勝負にかけました。北予備長崎校へ通い始めて、「授業がよくわかる」、「面白い」、「クラスのみんなが真剣で感動する」、「チューターが優しい方」などと話してくれました。親としては、とても嬉しかったです。この環境の中で、マイペースで頑張っておりました。
 センター試験の結果は、納得のいく程ではなかったようでした。受験学部変更も何度か考え、悩んでおりましたが、諦めないで目標とする医学部を貫いたかいがあって、無事、合格することができました。こつこつと努力をする力をつけていただいたお陰だと思います。
 また、現役合格では得られなかった貴重な経験をすることができました。いろんな方と接することにより、精神的にも強くなり、優しく、たくましく成長しました。これからの厳しい大学生活を乗り越える基礎を培っていただきました。
 北予備長崎校のチューター、講師の方々、寮の方々、スタッフの皆様方、大変感謝しております。『努力が実りました』本当にありがとうございました。
 
宮崎大学(医―医)合格 Y・Yさん(長崎・長崎日大高校卒)のお母さん