2011「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
授業が終わると同時に皆が駆け足で教室を移動するのにびっくり
「やったあ、番号があったよ」。
 待ちに待った電話に、はやる心をおさえて、パソコンを開き、何度も何度も番号を確めました。受かったんだ、夢ではないんだと、確信した瞬間でした。
 一年前、センター試験に失敗し、自分の夢である医学部に入りたいと、たくさんある予備校の中から選んだのが、北予備の小倉駅校でした。選んだ理由は、『努力は実る』や『受験は団体戦』というモットーのすばらしさと、北予備の引きしまった雰囲気でした。
 実際に北予備に預けて、まずよかったと思うことに、北予備の生徒の意欲とやる気いっぱいの授業のすばらしさがあります。夏に一度、校舎の様子を見せていただきましたが、その時、授業が終わると同時に一斉に駆け足でみんなが移動するので、びっくりしました。それは、次の選択授業で前の席をとるための行動だったのです。その一つを見ても、北予備のシステムはすばらしいと思いました。
 次によかったと思ったのは、寮に預けたことです。娘は蛍雪寮でしたが、厳しくも温かい寮長さんをはじめ、寮母さんやスタッフの皆さんが健康に気を配り、おいしい食事を作って、応援してくださいました。また、寮の仲間といっしょに、決められた時間に毎日みんなで自習し、切磋琢磨することで、がんばることができたのではないかと思います。
 しかし、それでも、センター試験が終わり最終的に前期・後期の出願をする時、娘は不安から、医学部をあきらめようかと悩みに悩んでいました。そんな時、クラス担当のチューターが、相談にのってアドバイスしてくださったので、医学部をあきらめずに合格できたのだと思います。
 この一年を通して、娘の医師になる覚悟が一層強くなり、人間的にも大きく成長したように思います。娘の夢への一歩をサポートしていただいた北予備のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
 
山口大学(医―医)合格 C・Yさん(山口・宇部高校卒)のお母さん
 
1浪目は大手予備校、2浪目は北予備で念願の医学部合格
健脳食(焼き肉トッパ、若草スープ、切干野菜サラダ)
 受験校がすべて不合格となり浪人一年目の春、予備校を決めるにあたって親としては当然北予備を勧めましたが、友人から「北予備はきついよ!」と聞いていたらしく、娘は拒否し勝手に自分で某大手予備校を決めてしまいました。親としては不安でしたが、本人の「絶対頑張るから大丈夫 !」という言葉を信じ一浪目を迎えました。そして夏が過ぎ冬が近づき受験シーズンに突入。今年こそはと期待しましたが、結局再びすべての受験校で不合格という厳しい現実に直面しました。
 親として二浪目は最後の望みを託し、「北予備フェリックス」にお願いすることに致しました。本心は携帯も持たされず、早朝から夜中までの厳しいタイムスケジュールの「フェリックス」の受験生活に、のんびり屋の娘がついて行けるのだろうかと非常に心配でした。しかし、生活面においては中島寮の寮長さん、健康面では寮母さんに栄養管理まで気を使って頂き、また規則正しい生活を送れるようきめ細かな心配りをして頂いて、安心して娘をおまかせすることができました。授業に関しても、厳しくも親身になって指導頂いた講師の先生方の勉強方法がいかに受験に合格するための最短の道であるかを、娘も自覚していったようです。また、学生一人ひとりの気持ちをつかんでやる気にさせる、精神的な支えにもなって下さった大山チューターの存在も大きなものでした。
 娘自身も「北予備」の生活に慣れて行き充実した受験生活を送ることができました。そして、いよいよ受験本番を迎えましたが、娘は「北予備」の「努力は実る」の言葉を信じ、最後まであきらめず頑張り抜き、ついに念願の「医学部」に合格することができました。この結果はもちろん本人の努力によるところもありますが、娘を様々な面からささえて下さった寮長・寮母さん、講師の先生方、大山チューターなど多くの方々のおかげであると、親として感謝の気持ちで一杯です。この一年間、本当にありがとうございました。
 
久留米大学(医―医)合格 A・Mさん(山口・徳山高校卒)のお父さん
 
「北予備の寮に入るなら大志寮」息子が後輩にアドバイス
 合格発表の前日、「結果がどうあれ、この一年は子供の為によかった」と夫婦で話すことができたのは、北九州予備校のお陰です。
 息子は真面目ではあるが、好きでないことには手を抜き、続かないところは私似だと笑い話にしていましたが、昨年、私大、国立大と落ちた時には、母子共々努力が足りなかったと反省しました。
 その息子が、「北予備のお陰で、努力を身につけ、この一年は僕に必要だった」と話してくれたのは、十月の初めでした。その言葉を聞いた時、親がしてやれなかった事を、西チューターをはじめとする小倉駅校の先生方と中村寮長をはじめとする大志寮のスタッフの方々に育てて頂いたのだと、心から感謝しました。
 西チューターの元に合格の報告と御礼に伺った時、「真面目な所と、ライバルがいたのが良かった。なかなか負けず嫌いですよ」とおっしゃって下さいました。子供の事を本当によくみて下さり指導して下さったのだと改めて実感しました。感謝の限りです。
 大志寮は雰囲気が良く、それは中村寮長の言葉がけのお陰で、やる気を起こさせてくれるのだとか。「寮に入るなら、大志寮」と、一つ年下の幼なじみにアドバイスしていました。「浪人するなら大志寮よ」と昨年の今頃、北予備の門を叩くきっかけとなったご近所の先輩のお母さんと同じ言葉を息子が話しておりました。
 それから一年、きめ細やかな月一回のお便り、毎月十一日が楽しみでした。また「いつでもいらっしゃって下さい」と寮の一泊見学、百六十人の子供達が必死で勉強する様子を目の当たりにして、涙が出そうになりました。にこやかにお世話して下さる寮母さんをはじめとするスタッフの方々にも頭が下がりました。このように、予備校の枠を越えた考えとシステムに守られて、自分の夢に向かって、一年間を過ごし、今日の日を迎えられました。ありがとうございました。
 
京都大学(理)合格 A・T君(山口・徳山高校卒)のお母さん
 
高校教師の私が「北予備+寮」に預けた理由
入試説明会
 昨年、そこを目指して勉強してきたのだからと厳しいのを承知で受けた前期試験、安全だと思って受けた後期試験ともに不合格となった。本人と相談の上「北予備+寮」で一年間頑張らせていただこうと手続きに向かった日を、ついこの間のように思い出します。
 私は高校の教師なので、予備校についてはある程度の知識はありましたが、決め手は北予備の方針の「受験勉強は団体戦」でした。この環境であれば、日々一緒に頑張っている仲間が目の前にいます。そして、やれるだけのことはやったという気持ちで一年後の受験を迎えられるに違いないと思い、本人もここで頑張ってみようという気持ちであったことから、決めさせていただきました。
 浪人には二種類あります。無理を承知で挑戦した覚悟の浪人と、そんなはずではなかった浪人です。それぞれの精神状態に応じた対応が時期に応じて適切に行われていることが、本人の話から窺えました。これは非常に大事なことだと思います。おかげさまで、不合格のあの日から立ち直り、生き生きと充実した日々となっていく様がわかりました。また、北予備に預けてからは、本人から連絡してくることは滅多になく、代わりに月に一度郵送される成績その他の学校・寮からの文書が楽しみでもありました。単に講義・受験ノウハウの提供ではなく、本人と親を含めて精神的なサポートまでしっかり考えている予備校だと実感しました。
 一年間目標に向かってがむしゃらに頑張ってその結果に納得できること、時と場所を同じくして共に懸命に努力する(できれば一生の)仲間を得ること、これが達成できれば良しとも考えていました。この目標を達成した上に「まさかの合格」をいただきました。関係職員の皆様並びに同クラス、同寮のみなさん、本当にありがとうございました。この一年間は本人にとってかけがえのない尊いものとなったことと思います。
 
京都大学(工―物理工)合格 K・Y君(山口・宇部高校卒)のお父さん
 
昨年、息子に内緒で北予備に入学予約
 三月七日。待ちに待った一報が入りました。『受かったよ』の息子の一言で、この一年間のすべての努力が報われた気持ちになりました。
 思えば、昨年、前期試験に不合格となり、後期の結果待ちであったものの、私は息子に内緒で北予備に入学予約をしました。以前、北予備で一年間がんばられ、見事、第一志望の大学に合格されたお子さんを持つお母さんから、「北予備に行かせて良かった。すごく力を伸ばしてもらって、安心して受験できたよ」と、聞いていたこともあって、何の迷いもなく電話をかけることができたのです。
 そして四月。毎朝、同じ時刻に起床し、朝ご飯を必ず食べ、お弁当を持っての受験生活が始まりました。夕方、お腹に入れるおにぎりも持参です。夜は、北予備に残って自習をし、十時過ぎに帰宅という日々でした。息子のがんばる姿を目の当たりにしている親としては、家にいる時間くらいは、リラックスさせることを心がけ、休日は、父親とつりに出かけることも。気分転換を上手にすることで、集中力や意欲も高まることを実感しました。
 メリハリのある毎日を送ることで、息子の気持ちも安定していましたし、何より北予備から定期的に送られてくるお便りや学習状況一覧表、出席カードを見るにつけ、先生方がしっかりと見守ってくださっていることが分かり、親としても本当に安心できました。
 息子にとって、一年前の不合格は、人生初の挫折だったと思いますが、この一年間は、決して回り道だったとは思っていません。むしろ、息子には、必要不可欠な一年だったと思っています。努力することの大切さ、目標に向かって邁進する勇気、自分を信じる心、そして、何より、支えてくださる先生方、友達、家族への感謝の気持ちなど、数々の“宝物”を得ることができたからです。大きな達成感を胸に、大学に進学できる幸せへと導いてくださった先生方に心から感謝しています。
 
岡山大学(教育―小学校)合格 K・O君(山口・山口高校卒)のお母さん