2013「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
北予備の医学部実績に藁をもつかむ気持ちで門を叩いた
 「医学部に進学したい」という思いはあるものの、本人の甘い考えから受験失敗を繰り返し、後がなくなった状況に追い込まれていました。そんなとき、北予備の医学部合格の実績を目にし、藁をもつかむ気持ちで門をたたきました。ただ、遠い地で、自分を追い込み頑張れるのか、実際に様子を見ることができないめ、不安でいっぱいでした。
 しかし、毎週末に送られてくる講師所感で、授業への取り組みや内容の理解度を知ることができ、離れた地に行かせているという不安はなくなりました。また、そこに記入してある講師の先生方のコメントから、本人の頑張りを認めるとともに、足りない部分を的確に指摘していただけていることも分かりました。その上、その時々に応じてチューターから適切な声掛けが行われていることも分かり、受験に向けて十分な環境にあると思いました。
 あとは、本人の努力次第ですが、過去の様子から心配は尽きませんでした。しかし、北予備の蓄積されたノウハウのおかげで、こつこつと学習を積み重ねることができ、夏頃には、本人も手応えを感じることができるようになっていました。また、合格するための具体的な目標を絶えず示していただけたため、一段と気合いも入り、実力をより伸ばすことができたと思います。
 そして、受験に対する心構えや書類提出等も、丁寧に指導いただけたおかげで、たくさんの合格通知を受け取ることができた上に、第一志望校に正規合格することができ、本人・家族ともに大きな喜びに包まれました。
 この一年間、北予備でお世話になった齋藤チューターをはじめ、講師の先生方や職員の方々に感謝申し上げます。また、親代わりとなって、体調管理だけでなく、精神的な支えとなっていただいた寮長夫妻にも心よりお礼申し上げます。
 北予備にお世話になって本当によかったと思っています。
 
愛知医科大学(医―医)合格Y・H君(愛知・名東高校卒)のお父さん
 
保護者のみなさん、北予備には合格のためにとても良い環境があります
 一年前、「どうしても早稲田大学に入りたい。だから、浪人をさせてください」と、息子に懇願され、父を説得し、息子が自ら選んだ北九州予備校に入学させていただきました。
 当初、私は本当に早稲田大学に入学できるとは思っておらず、精一杯目標に向かって努力し、悔いの残らないように受験ができますようにと願っていました。
 東京学寮に入寮させていただき、父親のように厳しくも愛情に満ちた寮長さんとやさしい寮母さんの元、携帯から離れ、受験生にとって最高の環境で学ばせていただいた事は、息子にとって人生の貴重な経験となりました。
 講師の先生方もすばらしい方ばかりで、授業も楽しくわかりやすくありがたいと息子から聞かされ、安心してお任せする事ができました。先生方には、いろいろな相談に乗っていただき、アドバイスをいただいたおかげで落ちいて受験に臨めたそうです。
 友人にも恵まれ、一月に大好きだった祖父が突然亡くなり、勉強が手につかなくなってしまった時には、たくさん励ましの言葉をいただきました。そのおかげで少しずつ勉強ができるようになったそうです。
 みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
 息子は今、新たな人生のスタート地点に立ちました。この一年で学ばせていただいた事を大切に、これからの人生、感謝と謙虚さを忘れずに、社会のお役に立てるように、毎日を「明るく楽しく元気よく」過ごして行ってほしいと思います。
 本当にありがとうございました。
 最後に受験生・保護者のみなさん、北九州予備校は、希望大学への合格のためにとても良い環境が整っています。不安に思うことなく安心して頑張ってください。みなさんの努力が必ず実りますように心からお祈りしています。
 
早稲田大学(商)合格S・M君(群馬・桐生高校卒)のお母さん
 
じっと我慢の1年と思い娘に干渉しすぎないように努めました
 念願の医学部合格を果たすことができ、両親共々ほっとしています。チューターや職員の方々には常日頃から娘のサポートをしていただき、本当に感謝しております。
 今思えば、昨年の予備校生活がスタートした頃、私は大変不安を感じていました。浪人生活を選択した娘をサポートできるのか、また一年浪人して、本当に来年は志望校に合格ができるのか、と。しかし、コツコツと積み上げてきた努力が、合格という形で実を結んだいま、不安を感じていたことが嘘のように晴れ晴れとした気分です。
 心配事といえば、娘の食生活のことです。衛生面での不安から、家庭弁当は昼食のみで、夕食はコンビニで買うようにさせていました。レシートを見ると、パンやおにぎりなどの炭水化物ばかり…。自宅で食事をする際は、できる限り栄養バランスのとれた食事を、と心がけて作りました。
 また、寝不足で体調を崩しやすい娘は、睡眠をしっかり取り、朝早くから自習をして、授業・自習に集中する、と決めていたようです。自分に合った生活リズムを、早くから見つけられたことが良かったのではないかな、と思います。
 なるべく娘には干渉し過ぎないよう努めました。干渉すれば、いろいろ心配になる。親は、子どものことが気になり、あれやこれやと言いたくなるもの。でも、じっと我慢の一年と思い、なるべく干渉をしないように、言い過ぎないようにと努めました。
 それぞれの家庭では、子どもへのサポートの仕方に違いがあると思います。早い時期にその方法が見つけ出せると良いと思います。
 娘をサポートして下さったチューターをはじめ、職員の皆様方、講師の先生方には心より感謝致しております。一年間本当にありがとうございました。
 
横浜市立大学(医―医)合格 K・Mさん(東京・豊島岡女子学園高校卒)のお母さん
 
予備校で一生の友達ができるのは北予備以外にはない
 「家を出る」「寮に入る」「北九州予備校」
 突然の宣言から一年。
 長くもあり、あっという間でもありました。入寮して一ヵ月程で、一浪した年に増えた体重が元に戻り、引きしまった顔つきになり、人間関係で悩み、苦しみ、怒り、その中で友情を育み、色々な方々に守られ助けられ真剣に勉強して、最後の最後で結果を得る事が出来ました。
 受験は一発勝負。本当に怖いです。でも今回、息子は本番の試験の中でも成長していきました。センター試験での悔しい思い、合格を目指した大学でのケアレスミス等、その度反省し、対策をねり直し、今までやってきた自分を信じて頑張り抜きました。
 「努力は実る」
 北予備で皆で一緒に生活し、支え合ってきた結果がこんな喜びを迎えさせてくれました。ありがとうございます。
 母の私の出来ることといえば、宿泊体験で寮での様子をドキドキしながら感じ、一生懸命勉強する皆の姿に感心感動して、ここにいるなら絶対天才になっちゃうぞ!なんて興奮してみたり、まったく頼りにならない存在でした。
 「北予備」の特徴ある環境は目標を持ち、強い気持ちのある子供達にとって最適だと思います。
 息子も尊敬できる先生方、友達、スタッフの皆様、寮長・寮母さん等々の出会いに感謝しています。
 予備校生活で一生の友達とめぐり合うことは北予備以外では考えられないでしょう。受験を終えてメルアド交換をしている皆を見てとても嬉しく思います。日本中、北から南へ飛んでいく未来ある若者達に拍手拍手です。
 心からおめでとう。
 北九州予備校の全ての皆々様。本当にお世話になり、ありがとうございました。
 
北海道大学(総合理系)合格 S・H君(東京・足立学園高校卒)のお母さん