2013「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
高校在学中に聞いた講演が素晴らしく迷わず北予備
 息子の浪人が決まった時に、迷わず北九州予備校への入学を決めました。と言うのも、高校在学中の進路説明会での、北予備のチューターの方の講演が素晴らしかったからです。勉強の仕方や、過去のデータをもとに最近の入試の動向などの説明を、分かりやすく的確に話していただきました。
 また、不合格体験記の冊子にも衝撃をうけました。合格出来なかった理由を分析し、これからどのように一年間の浪人生活を充実させていくのか考えさせる事は、とても大切な事だと感心しました。
 運よく(?)地元宮崎の開校が決まり、説明に伺った際の重藤チューターの対応が情熱的で、暗く落ち込んだ息子を一気に前向きに変えてくださり、宮崎校第一期生として入校することとなりました。
 親としては、高校時代のように「勉強しなさい」などとうるさく言わないようにし、信じて選んだ北予備に安心してお任せしようと決めました。そうする事で、受験でギクシャクした親子関係も良好になり、息子の方から授業が楽しい事など、予備校生活を楽しく話してくれる様になりました。親子共々、支えてくださる方々に感謝しながら成長できた貴重な一年でした。
 最後に、志望校に合格できたのも、面接のご指導をいただきました黒木校長先生をはじめ、宮崎校開校に際しお力を注ぎ宮崎校へと導いてくださった重藤チューター、全ての先生方、スタッフの方々、目標に向かい頑張る学友の皆さまのおかげです。心よりお礼を申し上げます。
 雨の日も暑い日も寒い日も、朝早くから予備校周りの清掃をしながら、子供達を出迎えてくださる皆様の優しさに恩返しできるよう、北予備での経験を糧に夢に向かい、前進してもらいたいものです。
 
宮崎大学(医―医)合格K・O君(宮崎・日向学院高校卒)のお母さん
 
北予備で人間的に一回り大きく成長した我が子に脱帽
 縁あって、北九州予備校小倉駅校に子供がお世話になる事になって、気づけば早二年の月日を数える今春、無事に第一志望大学学部学科に合格する事が出来ました。待ち焦がれた吉報の電話でしたが、開口一番「合格したみたい」との事。本人も疑心暗鬼で、又受験番号をうろ覚えで、慌てて寮に戻り受験番号の確認をするまでの小一時間の何とも言えない微妙な精神状態は、今は良き思い出と感じております。
 受験生の親として、特に親元を離れ寮生活を送る浪人生の親として、子供に対し出来る事は限られます。勿論親が頑張っても仕方ないのですが、特にメンタル面、モチベーションの維持には気を付けておりました。ネガティブな状態で授業を受けても効率は上がりません。時間の無駄でしょう。目先の些細な事に惑わされず、センター試験・前期試験等の本番にベストの精神状態で臨むために、どの様なサポートが出来るかの自問自答だった様な気がします。
 北予備で同じ志を持った多くの先輩や後輩、友人に出会えたと思います。ライバルですが良き仲間として共に切磋琢磨し、人間的に一回り大きく成長した姿を見た時、我が子ながら脱帽の感がいたします。浪人生活は精神的に非常に厳しいものと思いますが、多くの人と出会えた事は、今後の人生において有形無形の財産になると確信をし、感謝しております。
 昨年の秋位に、「今、受験勉強していると思うな。就職活動と思いなさい」と言った事があります。医師という職業に就くための就職活動をしていると思えとの意味で言いました。北九州予備校のキャッチフレーズは、「努力は実る」です。来春、在校生の方々の大いなる努力が結果として大きく実る事を祈念いたします。
「努力は実る。頑張れ就活!!」
 
岡山大学(医―医)合格T・H君(宮崎・延岡高校卒)のお父さん
 
4回の入寮体験から「北予備は人を創る場所」と確信
 あっという間の一年でした。それは親である私と受験生である子供も同じ感想でしょう。
 しかし、このあっという間の一年に、子供は貴重な体験をさせて頂いたと思います。何より第一志望の大学に受かった事を関係者の皆様方へ心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 合計四回の入寮体験をさせて頂きながら、移りゆく季節と子供の変化を感じていました。またスタッフの方々の誠意ある対応や指導にいつも感銘を受けていました。私は入寮体験の感想文で「北予備は人を創る場所」と書いた記憶がありますが、その印象は私の中では少しも変わっていません。従って、センター試験直前の入寮体験感想文には、「この一年間の努力を考えれば、何の不安もなく試験に臨める」と書きました。それほど充実し内容の濃い一年であったと確信していたからです。やはり「努力は実った!」と思います。
 ただ、人生はこれからです。僅か十九歳にして辛く苦しい一年間を維新寮で過ごした事は脳裏に深く刻まれている事と思います。これからの人生の中で、辛く過酷な事も待ち受けていると思います。そんな時は北予備で過ごした一年を思い出して欲しいと思います。この一年を思い出せば、どんな辛い事も乗り越えていける勇気が湧いてくるでしょう。そういう意味においても子供の人生経験で、一生の思い出になる事は間違いありません。
 退寮の際に維新寮の玄関の写真を撮っておきました。私のこの写真を大事に保存し、子供の人生に壁が立ちはだかった時は、迷いなく写メで送ろうと思います。そして、「努力せよ!ならば報われる…」とコメントして…。
 最後になりましたが、親子共に貴重な一年を北予備で体験させて頂いた事、そして何より合格できる力を与えて下さった事に北予備の皆様に改めて感謝致します。スタッフの方々には、ご苦労は永遠に続くでしょうが、お身体に留意され頑張って下さい。
 
西南学院大学(法―法律)合格S・T君(大分・佐伯鶴城高校卒)のお父さん
 
北予備+寮は成績がグングン伸びる!理想の学習環境
 昨年三月八日、北九州予備校大分校を訪ねました。受験した九州大学不合格が確定した日でもありました。高校三年間、勉学を疎かにして来た結果でした。
 もう一年、頑張ってみたいという本人の気持ちと、やらせてあげたいと思う親の気持ちで予備校進学を決めました。
 数々の情報から北予備の寮生活を選択し、全てをお任せしました。その生活は正に私共の思う理想の学習環境で、短期間でグングン伸びる成績だけでなく、寮生活での規則正しい毎日。部屋の清掃から、親に感謝する気持ちのケアまで本当にありがたいものでした。
 三度伺った宿泊体験で、寮生全員が一つになって取り組む必修自習の素晴らしさ、早朝、生徒の登校前に汗水たらして校舎の清掃をするチューターの姿勢、いつも気持ちよく対応くださる事務の方々のステキな笑顔。そして、厳しくご指導くださった寮長。おいしい食事を作って下さった寮母さん。
 この一年間を経験できたことで、今年は「たとえ受験に失敗しても今度こそは、通った大学が息子にとって最高の大学だ」と、思えました。
 結果は、二校受験した私立大学を見事に合格。そして昨年の無念から一年後、第一志望の名古屋大学の合格を勝ち取りました。
 一年間頑張った息子を心からほめてやりたいと思います。そして、北九州予備校に対する感謝の気持ちは生涯忘れません。
 本当にありがとうございました。
 
名古屋大学(経済)合格T・U君(大分・佐伯鶴城高校卒)のお父さん
 
母親にとって一番有難かったのは寮宿泊体験でした
 昨年度、受験前に、本人は、「もし不合格ならば、もう一年勉強をやり直してチャレンジする」と、言っていました。希望叶わず不合格になってしまいましたが、気構えもあったのか、すぐに北予備に通うことを決めました。
 「家に居れば自分に甘えが出てしまう。寮に入りたい」という本人の希望で入寮しました。自ら、厳しい生活に身を置くことで、合格への揺るがぬ気持ちを奮い立たせたかったのではないでしょうか。離れての生活に心配もありましたが、親としては、その気持ちを尊重し、心からの応援をしていこうと思ったものです。
 私にとって一番ありがたかったのが、寮宿泊体験でした。自習の様子を見ていて、子どもが自分の目標に向かって一心に努力している姿に安心すると同時に、精神的にも強くなっていく様子も見てとれました。また、寮生日誌を読ませていただいたことも、私にとって貴重な指針となりました。月日の流れる中で、精神的な動揺も読みとれ、親として、今どのように声をかけてあげるべきかを考える助けになりました。寮体験の翌日、学校を訪れ、学校の様子や子どもの学習状況についてていねいに教えていただいたことで、子どもの様子もよく分かり、安心して子どもを見守っていくことができました。離れていても、子どもと共に歩んで来れたと思っています。
 本人の努力もさることながら、学校の先生方はじめ寮長さん、寮母さんの本当に細やかな御指導があったからこそ、子どもも私もここまで頑張ってこれたと心から感謝しております。
 多くの方に支えられて過ごしてきたこの一年間の体験は、子どもにとって、これからの人生の大きな糧になることでしょう。進学してからも尚努力し続ける人であって欲しいと思います。
 本当にありがとうございました。
 
九州大学(工―物質科学工)合格R・S君(大分・臼杵高校卒)のお母さん