保護者の合格体験記(Felix編)

 
フォーム
 
大分大学(医-医)AO合格  N・U君(大分・岩田高校卒)のお母様より
「北予備に預けて」
 
 「浪人してよかったと思える1年にしよう」と入校の際の言葉どおりに息子は第一志望大学に合格する事が出来、随分大人らしくなり帰郷しました。この1年、少人数制で手厚い指導のフェリックスの素晴らしい環境の中、学力は然ることながら、予備校・寮生活において、一人息子は協調性を身に付け、人に優しく思いやりのある青年に育ってくれました。ハードな時間割をこなし、夕食・入浴を30分で済ませて走って校舎に向かう日々。初めて親元を離れ、アスクレピオス寮の規則正しい生活、朝夕のおいしい食事。伊藤寮長寮母さん、スタッフの方々に励まされ、一日も休まず、勉強に頑張ることができました。
 また、共に頑張る姿を励まし合う、素晴らしいライバルにも恵まれ、一生の友人を得る事が出来ました。素晴らしい講師陣の授業後の質問時間のお陰で、成績も上がりました。わからない事をすぐ解決出来るこの手厚いシステムに安心して頑張る事が出来ました。
 この大分大医学部AO入試合格は、校長先生、理事の細やかな面接指導、大山チューターの叱咤激励と素晴らしい信頼関係、古賀チューターの志望理由書の添削指導のお陰です。息子はもちろんのこと、私のような心配性な母親をも励まし、ご指導下さった菊田事務長、スタッフの方々に支えられたからこその合格であると実感しています。
 フェリックスだからこそ、1年間、最後まで諦めない謙虚な姿勢で頑張る事ができました。その結果、人間力も評価されて合格を掴む事が出来たと思います。これからはこの1年で培った事を基盤にして、謙虚な姿勢を貫き、歩んでくれることでしょう。
 「浪人してよかった」と思える程、息子が成長し、思うやりのある青年となり、親として誇らしく思っています。「努力は実る」このフェリックスだからこそ成し遂げられました。フェリックスを選んでよかった。本当にありがとうございました。
 
4