2015「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
長男に続き次男も北予備+専心寮。山大医学部に合格です!

1年前、次男はセンター試験で思うような結果が出ませんでした。学科変更は考えていなかったので、必然的に浪人することが決まりました。1年間をどこで過ごすかは、迷いなく北予備・専心寮に決めました。というのも、長男もここでお世話になり、志望校に合格していたからです。
 親からすると北予備は2回目ですが、長男と次男では性格も高校時代の過ごし方も違います。長男は高校時代は全く勉強していなかったのですが、次男はそれなりにしていたのです。
 極論を言うと、長男は予備校で勉強することが第一目標でした。寮での規則正しい生活と確保された膨大な勉強時間で効果は絶大でした。もちろん支えて下さった方々がいてこそです。
 が、次男はまあまあ勉強していたので、長男とは勝手が違います。親から見ると、入試までのモチベーションの維持・当日の心理状態など、精神的な部分に不安がありました。長男とは全く異なるアプローチが必要だったのです。
 実際、受験校の決定では、気持ちがぶれていたようです。担当チューターに相談すると、志望理由書の作成や面接の練習を通じて自分の気持ちが再確認できるよう働きかけて下さっているとのお返事でした。後日聞いた子供の話からは、学部だけでなく「この大学で学びたい」と言う強い気持ちを、再確認することが出来たようでした。こうして自分の進みたい道がはっきりしたことで、センター試験に迷いなく臨むことができ、この度の結果に繋がったと確信しています。
 その子それぞれに合わせて、知識のみを増やすのでなく内面も育てて下さったチューター始め寮長・寮母・他職員の方々に本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

山口大学(医―医)推薦合格 Y.T君(山口・山口高校卒)のお母さん
 
念願の医学部生になった息子。「この1年で大人になったなぁ」

昨年の前期試験前から、「来年は合格したい。予備校に行く」と息巻いた息子が北予備に入って10ヵ月余、今日、合格の連絡をいただきました。今年もセンター試験で思うような点が取れなかったと聞いていたので、まさかの吉報!まさに「努力は実る」でした。
 さて、はじめて息子と離れて暮らした私には、とっておきの子離れ期間となりましたが、 本人には精神的にかなりタフな期間だったようです。寮と学校の往復生活の中、救いが2つ。1つは、同じ志を持つ仲間に恵まれたこと、もう1つがおいしい料理だったようです。健脳食と言われるバランスのとれた食事は楽しみだったようです。体調を崩すこともなく、無事に勉強に専心できたのは、寮長・寮母さんをはじめスタッフの皆さん、そして合格レベルに引っ張り上げてくれた仲間のお蔭だと感じています。
 また、何度か保護者会にお邪魔しましたが、その度毎に担当チューターから「がんばってますよ」「伸びてますよ」「合格してもらわないと困る生徒ですよ」と、徐々にレベルアップを実感できる声かけをしていただき、合格できるかもしれないと思えるようになりました。本人もリフレッシュ週間に帰省した折「もう医学部生以外の大学生活は想像できん」と言うほどでした。割と頑固で要領が悪いのに、1年近くも勉強に専心したことは驚異です。
 本人のがんばりはもちろん褒めてやりたいですが、それ以上に、北予備で勉強はもとより、生活リズム、心の持ちようやモチベーションの維持など、うまく教えていただいた賜物だと思います。大変、ありがとうございました。
 もう1つ、先ほど寮から帰宅しましたが、息子がこの1年で、成長したな、大人になったなと感じられる望外の収穫もあり、つくづく感謝です。
 本当にありがとうございました。


山口大学(医―医)推薦合格 H.H君(山口・山口高校卒)のお母さん
 
「受験は個人戦だけど受験勉強は団体戦」と息子

「仲間がおらんと、やる気になれん」。
 息子が寮を引き上げ、後期試験の勉強のために、山口に帰ってきたときの言葉です。
 「受験は団体戦っていうからね」と私がいうと「受験は個人戦だけど、受験勉強は、団体戦!」と息子。
 今だから言えることですが、リフレッシュウィークの時も、自宅ではほとんど“自習”することはありませんでした。帰省を終え、寮まで息子を送っていった際、「家では全然勉強してません」と寮長さんにお伝えすると、「あのO君が?嘘でしょ。信じられません」と驚かれてしまいましたが、寮では本当によく勉強していたようです。
 息子は、昨年4月、知り合いが1人もいない小倉で暮らすことになり、初めはつらかったはずですが、徐々に仲間とうちとけ、寮生活、北予備生活が楽しくなっていったようでした。
 小倉駅校の同じクラスは、国立医学部志望の方ばかりで、レベルが高く、寮でも共に励ましあえる仲間に恵まれ、毎日、切磋琢磨できる受験生生活を送ることができたのだと思います。
 初めてチューターにお会いした時、「うちの生徒は、皆がA判定で願書を出すわけじゃないです。二次力があるので、C判定でも合格するんですよ」と言われました。そんなに実力がつけばいいけどと思っていた私でしたが、その10ヵ月後、息子は、第一志望を貫き、合格を勝ち取りました。センター試験で目標点に全く届かなかったにもかかわらず…
 “努力は実る”を実現したのは、息子自身ですが、努力できる環境と仲間を与えて下さったのは、北予備です。北予備の寮に入っていなければ、この合格はなかったと思います。小倉駅校の皆様、コスモス寮の皆様、本当にありがとうございました。


岡山大学(医―医)合格 K.O君(山口・野田学園高校卒)のお母さん
 
息子に続き娘もお預けして念願の早稲田に合格!

我が家の北予備とのおつき合いは、息子とこの度の娘の時を合わせての3年間となります。当初より、こちらにお預けするのが勉強するのに1番適切な環境と思い、信頼しお願いして参りました。幸い息子も娘も、最も希望した大学に入学が決まり、大変感謝して居ります。
 正直、最初は、その厳しい決まりに戸惑い、特に娘は、やっていけるのだろうかと心配になりました。しかし、受験は他の受験生との競争、そして自分自身との戦いに勝利しなければ合格を手に入れることは出来ません。その為には、人より多くの自習時間を作り、集中して勉強しなければなりません。その為の厳しい決まりなのだと思う様になりました。
 自宅に居ては誘惑も多く、また親もつい甘やかしてしまいがちです。それがわかっているからこそ、息子も娘も北予備を選択したのだと思っています。
 そして、子供達も少しずつ結果を出すにつれ、自信を持つ事が出来るようになりました。志望校に入学出来たという成功体験と共に、やるだけやったという満足感、そしてやれば出来るという自信を持つことが、息子と娘を成長させて頂けたと思って居ります。
 他の人より回り道をしたとの思いもありましたが、北予備で生活した時間は、人生に於いて決して無駄な時間では無く、何か壁にぶつかった時に、ここでの体験を思い出し、「大丈夫、自分なら出来る。壁を乗り越える事が出来る」と思えるのでは無いかと思って居ります。
 最後に、ご指導頂いたチューターの先生を始めとする先生方、また支えて頂いた事務員の方々、そして寮でお世話になった寮長さん、寮母さんや全ての方々にお礼を申し上げたいと存じます。本当にありがとうございました。

 

早稲田大学(文化構想―文化構想)合格 M.Aさん(山口・大津緑洋高校卒)のお母さん
 
「北予備に行く!」「大志寮に入る!」早々4月1日に入寮

「北予備に行く!」「大志寮に入る!」という息子の言葉を耳にし驚いたのは、1年前の3月、前期試験が終わってからです。3年生まで部活をしてその後受験勉強に切り替えることがとてもスムーズにいったとは言えず、国立医学部の現役合格には到りませんでした。このとき息子はしばらくの期間、何も話さず出かけることもあまりなく、親から見て、息子にとって人生初の挫折だったと感じました。次への第一歩をどう気持ちを切り替えて進められるのか、本当に心配した3月でした。
 しかし、息子の心の中では北予備、大志寮で目標に向かって頑張る決心がついていたようです。息子は早く入寮したいという思いがあり、4月1日から入寮できることを知るとその日に元気に入寮しました。それまで自分のペースで過ごしてきた息子が、果たして目標に向かって気持ちが切れることなく最後までやっていけるものなのか、親としては不安でいっぱいでした。しかし、息子はやってくれました。それは、北予備の先生方、寮長さん、寮母さん、寮のスタッフの皆さんのおかげです。
 北予備も大志寮も受験に向けての環境として万全でした。常に目指すものをはっきりとさせ、受験に向けてのテンションを高いところで維持できるように、そして今何をすべきかを常に自分で理解しておくというような環境を整えてくださっていました。それによって息子はこの1年、気持が途中緩むことなく最後まで全力でやり抜くことができ、希望の医学部合格を手にすることができたと感じています。
 すぐに退寮し自宅に帰るということで寮に迎えに行くと、今までに見たことのない笑顔でした。自宅に帰る車中で息子がつぶやいていました。「寮長はうまい」と。寮長のことば1つ1つに支えられた受験勉強の11ヵ月だったようです。心からありがとうございました。

 

山口大学(医―医)推薦合格 K.N君(山口・下関西高校卒)のお母さん