2012「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
『鹿児島大学医学部医学科を受けるなら、北予備しかない』
浪人生活はただただ苦しくて、辛い毎日だろうというイメージを持っていた私でした。しかし、二年前に長男が北予備に入り、寮生活をしながら、北予備の先生方の指導を受け、無事合格できた一年間の姿を見てきて、それが変わりました。
生徒を取り巻く環境がしっかりしていると、子どもの内面にきつさや辛さを超えて、学ぼうという意欲・充実感が湧き出てきます。それが自信へとつながり、実力に反映していくものだと実感しました。
『鹿児島大学医学部医学科を受験するなら、北予備しかない』
私たち親はもちろんですが、次男自身も浪人するなら北予備しかない!!と決め、同じ目標を持つ友人にも声をかけ、三人一緒に入校しました。
北予備は、ゴミ一つとして落ちていない整えられた教室。
どんな時でも親切で的確な指導をして下さる素晴らしい先生方。
チューターを核にしてよくまとまったクラス。
親のように見守って下さった寮長・寮母さん。本当に素晴らしい環境でした。
息子はこのように恵まれた環境の中で、八組のクラスメイトや寮の仲間たちとも出会って、お互い励まし合い、競い合ってきました。息子がこの一年間自分の目標に向かってこつこつ努力し、実力をつけ、合格できたのは、ひとえにこの素晴らしい北予備の環境のおかげだと感じています。
本当にありがとうございました。
 
鹿児島大学(医―医)合格 DI君(鹿児島・池田学園池田高校卒)のお母さん
 
「1年で鹿大医学部に合格するので北予備へ行かせて下さい」
昨年、センター試験で、思う様な点数がとれず、長男にとっては、初めての挫折でした。
東日本大震災後、被災した人達に、懸命に対応する医師の姿を見て「医師って凄いね!!身体だけでは無く、傷ついた心まで治せるなんて」と言い、医師になるという決意が更に強くなった長男が、「一年で鹿大医学部に合格するので、北予備に行かせて下さい」と、正座をして頭を下げたので、厳しいと定評のある北予備に、後期試験も受ける事無く、入学させる事を決めました。
晴れて、四月一日。入寮日。斉藤寮長さん、寮母さんが和やかに出迎えて下さいました。そして又、北予備に初めて伺い、応対して下さった三輪チューターのクラスに、希望通り所属出来、親としても嬉しく、頼もしい限りでした。
宿泊体験も、主人と合わせ、三回行かせて頂き、食事や学習時間を共有し、寮長さん、校長先生の激励の言葉もお聴きし、本当に、熱い、でも温かい空気をたっぷりと味わせてもらいました。わざわざ三輪チューターも来て頂き、近況報告や今後の事等、親身になり相談にのって下さいました。有り難うございました。寮内自習も、真剣に取り組む一人一人を目の辺りにし、思わず胸が熱くなり、こんなに頑張っているのだから「是非、全員自分の希望の大学へ入れます様に」と、手を合わせてしまいました。
校長先生も、朝、自ら笑顔で「おはよう」と声かけ、とても気さくで驚きました。
とても素晴らしい環境で、多くの友人達と共に、一生懸命に自分の目標に向かって突き進める北予備のシステムには、本当に感謝・感謝です。美味しいバランスのとれた食事で体調管理も出来、ここ迄頑張れたのも、寮長さん、寮母さん、職員の方々のお陰です。
全ての方々に感謝です。寮生の皆さん、あと暫くです。どうぞ、それぞれが自分の持てる力を発揮されます様、お祈り申し上げます。
 
鹿児島大学(医―医)推薦合格 TS君(鹿児島・鹿屋中央高校卒)のお母さん
 
「授業がすごい!面白い!楽しい!」
サクラ満開の春が我が家に訪れました。この日をどれだけ夢みていた事か。ようやく現実となりました。
思えば一年前、推薦・前期・後期不合格のトリプルパンチをくらい、人生初めての挫折ですっかり意気消沈していた息子の浪人生活が始まりました。離島で、小中高と過ごし、地域行事や部活“命”で、必死に勉強した姿を見たことがない息子に、この一年、最後まで努力し続けることが出来るのかとても心配でした。
しかし、毎月届く北予備からのお便りで、学習の状況、模試の結果、寮での生活等を十分把握することが出来、安心することができました。時折かかってくる公衆電話からの息子の声は、とても明るく「授業がすごい!面白い!楽しい!『予習・授業・復習復習復習』でがんばっているよ」と話してくれました。私も保護者寮宿泊体験を四回させて頂きました。夜の自習の真剣な学習態度、静けさは誇張ではなくすばらしいものでした。授業も寮の環境も素晴らしい北予備で息子が浪人生活を送れたことは、決してマイナスではなかった。むしろ、これからの息子の人生には不可欠な時間だったのでしょう。息子の話や様子をみてそう強く感じました。
色々と相談にのり激励して下さった入田チューター、面接指導して下さった校長先生、親がわりとなり面倒みて下さった寮長・寮母さん。北予備のスタッフの皆様、本当に心より感謝しております。
合格だけでなく、一生付き合える多くの友人を見つけることが出来、人間の幅も広がり息子も人として少し成長できたのではないかと思います。
長い様で短かったこの一年。「努力は実る」。この言葉で締めくくる事が出来ました。四月から次の目標に向かって前進していく息子を、また応援していきたいと思います。ありがとうございました。北予備バンザイ!!
 
鹿児島大学(医―医)合格 YI君(鹿児島・大島高校卒)のお母さん
 
「お父さん、5年分の勉強したよ。早く北予備に行っとけばよかった」
北九州予備校からの便りに、一枚の写真が同封されていました。北予備のパンフレットでおなじみの合格大学をタスキのように両手で持つ、少し照れた笑顔の息子の姿がありました。目頭が熱くなりました。
本田チューター様、松井寮長様、本当にありがとうございました。そしてFelixの先生、職員の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。一年で成果が出るとは正直思えず、もう一年お世話になる覚悟でした。
高校時代、受験勉強らしい事もせず当然、浪人することになりました。地元某塾に高校時代の仲間達と通い、全く緊張感のない一年でした。何とか一校の合格を得て上京したものの数ヵ月で大学を辞め、そのまま大手予備校の寮に入り二浪目となりました。合格できるはずもありませんでした。
親も子も途方に暮れていた三回目の春でした。一大決心をして文系から進路変更し、薬学部を目指すことにしました。藁をもすがる心境で北予備に電話をしました。古賀チューターの親身な対応に、ひと筋の光が差し込んできた心持ちでした。
厳しいと評判の北予備でもFelixはさらに厳しく、ずいぶん勉強で忙しかった様ですが、毎週末の息子の電話の声で、今までにない充実ぶりがよく分かりました。八月のリフレッシュ休暇で「三年分の勉強をしている!」と笑顔でした。
十ヵ月がすぎ、あっと言う間に受験シーズンに突入です。三者面談で希望した大学は、はっきり言って実力以上のところばかりで心配でしたが、本田チューターと息子の笑顔に、しっかり応援することにしました。
そして晴れて合格、「五年分の勉強したよ、お父さん」。「早く北予備にいっとけばよかったよ」と笑った息子の成長した姿がうれしく、頼もしく見えました。
北予備にあずけて本当によかった、ありがとうございました。
 
東京薬科大学(薬―薬)合格 HN君(沖縄・沖縄尚学高校卒)のお父さん
 
最初から地元ではなくFelixに通わせておけばよかった
ちょうど二年前、息子が福岡の私大医学部を受験し、その帰りにフェリックスを息子の希望で訪問しました。その際古賀チューターから医学部合格の厳しさを聞いたのを、今でも鮮明に覚えています。本人もフェリックスへ通いたいと考えておりましたが、親元を離れ浪人生活を始めることに私たちは不安を感じ、地元で浪人生活をスタートしました。しかし一浪では願いかなわずすべて不合格でした。今考えればあの時に北予備に通わせておけばよかったと実感しております。
今年度は本人から再度申し出があり、むしろ背中を押したい気持ちでありました。再スタートは初めて親元から離れ、厳しい生活を本人はすることになります。それは毎月送付されるタイムカードからわかります。昼食も四十分、食後すぐ勉強、下校後は三十分で戻って勉強、と私たちには想像できないほどのスケジュールでした。七月の三者面談では、あまり成績が伸びていないのがわかり、第二希望が薬学部というデータを見たとき、本人が苦しんでいるのがわかったのですが、親としてただ見守っていることしか出来ず、フェリックスに全て任せました。
しかし、厳しい環境の中で出席率100%を達成、成績も伸び、無事医学部、それも兵庫県推薦制度のついた合格でした。これで受験した大学がすべて不合格だったので、本人も大変嬉しそうでした。
 願書提出の際のきめ細かい添削、的確なアドバイス、生徒の成績の指導管理、三回にわたる三者面談等、岡部チューターには大変お世話になりました。面接指導をして下さった校長先生、生徒に常に笑顔で接していただいた菊田事務長、フェリックスのスタッフの皆様に深く感謝申し上げます。そして青雲寮の松井寮長、奥様、副寮長、本人をはじめ寮生を温かく見守って下さいまして、ありがとうございました。
 
兵庫医科大学(医―医)合格 MO君(沖縄・球陽高校卒)のお父さん