2012「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
「努力すれば1年後は笑って合格祝賀会に出られるぞ」と先輩
笑って春を迎えることができるのだろうかと、親子共々不安な気持ちで北九州予備校の入学式に出席したことが、つい先日のように感じます。
娘は、部活に生徒会に奔走する充実した学校生活を送りましたが、受験勉強については上手くいかず、合格通知を受け取ることが出来ませんでした。失意の中、熱心で厳格な指導の北九州予備校に行くことを決めたのは、娘自身でした。入校申込の際に対応してくれたのは、奇しくも部活の先輩でした。一年間頑張って、晴れて希望の大学に合格し、希望に満ちた表情をした先輩は、「北予備の先生方は、いつでも親切に教えてくれるから、わからない所は遠慮せずに質問に行ったらいいよ。努力すれば絶対に一年後は笑って祝賀会に出れるぞ」と、心強いアドバイスをしてくれました。
この一年間、創薬関係の仕事に就きたいと薬学部を目指し、土日も関係なく、文字通り朝から晩まで北予備に通っていました。また、本当に遠慮することなく、いろんな科目の先生方に質問に行っていたようです。このような生活を続けられたのは、共に頑張り励まし合う友人と、要所々々で的確なアドバイスをくださったチューターや講師の皆様のお陰だと感謝しております。
北予備での一年間の生活で、学力はもとより、精神的にも強くなった娘を見ることができ、親として感慨深いものがあります。きっと、娘の人生において、苦しくとも大切な一年となったのではないかと確信しております。
あらためまして、先生方や村上チューター、職員の皆様方の熱心なご指導により、笑顔で希望に満ちた春を迎えることが出来ましたことを、心より御礼申し上げます。
 
広島大学(薬―薬科)AО合格 M・Oさん(福岡・東筑高校卒)のお母さん
 
多くの方々が「北予備がいい」と薦めてくれた言葉通りでした
この度は、黒崎校で子供がお世話になり、第一志望の長崎大学薬学部薬学科に合格することができました。本当に、ありがとうございました。
思い起こせば、昨年は第一志望校は難しく、第二志望校に合格はしました。しかし、受験勉強に対して不完全燃焼の思いがあったことなどから、最終的にはもう一度チャレンジする事を選択しました。その決定を尊重して、一年間浪人生活をさせる事にしましたが、様々な不安や心配がありました。
しかし、もう決めた事なので前に進むしかないと思い、予備校の選択を始めることにしました。最終的には、多くの方々が「厳しく指導してくれる北予備がいい」と言われた言葉を信じて、貴校に決めました。
その言葉通り、お正月やお盆休みもなく、朝早くから夜遅くまで指導して下さった事に対して、本当に感動し、感謝しています。その様な先生方の熱意に後押しされて、子供も朝早くから夜遅くまで自習室に残って、よく頑張ったと思います。その分、子供の健康が一番心配でしたが、幸いにも病気になる事なく、無事に一年間を過ごす事ができました。
そして、今年の一月に、いよいよセンター試験の当日を迎えました。今までの努力を信じて送り出すしかありませんでしたが、結果は今までで一番良かった様です。子供もとても喜んでいましたが、「努力は実る!」というスローガンを、この時ほど実感したことはありませんでした。
その分、少し余裕を持って、前期試験に臨む事ができたのではないかと思います。結果はまあまあだった様ですが、合格発表まではハラハラ、ドキドキでした。いよいよ合格発表の日、子供からサクラマークのメールが届いた時には、本当に感激しました。子供も本当に良く頑張ったと思いますが、周りで支えて頂いた黒崎校の教職員の皆様方に、心から感謝致します。本当に、ありがとうございました!
 
長崎大学(薬―薬)合格 AY君(福岡・九州国際大付属高校卒)のお父さん
 
北予備に入学した時から合格への道が始まっています
「合格」。この二文字を得ることで、どれほど至福の時が訪れるか。
そして、そのときは北予備に入校したときから刻まれています。
「医者になって、人を助けたい」と、中学の頃まで夢を口にしていた息子ですが、高校に入り、現実の成績と医学部との開きに、しだいに口をつぐみ、現役時は、自分をごまかして他学部を受験しました。結果は不合格。
浪人が決まった日、重い足どりで北予備に行くと、重藤チューターが開口一番、「何故今の成績で夢を諦めるのか。公言して有言実行しなさい」と。息子の顔がパッと輝きました。自宅から近距離にもかかわらず大志寮に入寮し、自分を究極まで律する道を選びました。寮生活は苦労もあったと思いますが、苦楽を共にしたすばらしい友情や、携帯やパソコンの無い研ぎ澄まされた時間が持て、これからの人生において、かけがえのない貴重な体験をしたと思います。
「産医大の推薦入試を受ける」と聞いた時は、少々驚きましたが、息子は強い意志で合格のための対策を、資料集めから過去問題の分析まで、コツコツと積み重ね、見事合格を手にしました。
その陰には、頼れる兄貴のように、しっかりと息子の性格・成績を把握し、的確なアドバイスをしながらサポートして下さった田渕チューター、御多忙にもかかわらず、繰り返し面接練習をして下さった廣渡校長先生、小論文を懇切丁寧に指導して下さった講師の方々の支えがあったことは、言うまでもありません。本当に、ありがとうございました。
後進の皆さん。強い思いは、必ず努力となって実ります。北予備に入学した時点から、合格への道が始まっています。北予備の手厚い合格獲得システムを最大限に活用して、至福の時を手にして下さい。
 
産業医科大学(医―医)推薦合格 HT君(福岡・九州国際大付属高校卒)のお母さん
 
予備校選びは1年後良い結果を出すための重要な選択です
昨年の三月、息子は大学受験に失敗し浪人することになりました。親として、一年間位ならば予備校で頑張って、自分の行きたい大学に入学して欲しいと思っていました。予備校選びは、一年後良い結果を出すための重要な選択です。北予備の資料に引きつけられ、本人は迷わず、「北予備!」と決めました。ほのかな希望を感じました。実際に、博多駅校に入学の申し込みに訪れた時「努力は実る」と大きく掲げられ、凛としたビルの玄関の、力強く書かれた「本気なら北予備」と云う文字に、背筋がピンとさせられました。面接して下さったチューターの言葉に励まされて、本人は頑張っていく決意を新たにしました。 四月、少し不安な気持ちで迎えた予備校生活も、すぐにクラスに慣れ、笑顔で友達の話もしてくれました。チューターが、クラスの環境作りをして下さっている様子が感じとれました。毎日安心して送り出すことが出来ました。授業はプロの先生方による充実した指導で、質問にも熱心に関わって下さり、万全な学校体制。あとは本人次第です。私は「志望の大学に行きたい」という意志を信じて、落ち着いて構え、あまり詮索はしませんでした。時々、本当に大丈夫なのだろうかと思うこともありましたが、本人が上手く心と体のバランスをとりながら頑張ってくれたと思います。
毎月送られてくる学習の状況や通信で、本人の様子を把握でき、クラスでの写真や母の日のメッセージなどの細やかな心配りに、救われる思いでした。保護者会では、親の心構えや、入試の最新情報が分かり、大変参考になりました。面談でのチューターのアドバイスにはとても感謝しています。お陰で、第一志望の大学に合格することができました。本人は、「勉強はきつかったけど、楽しかった。北予備で良かった」と、この一年を振り返っています。私も同じ思いです。支えて下さった、北予備の全ての皆さんに、感謝いたします。
貴重な一年間を、ありがとうございました。
 
西南学院大学(文―英文)合格 MY君(福岡・嘉穂高校卒)のお母さん
 
「北予備の寮に入ろうかな」と娘。『これはチャンス!』と私
二〇一一年春、娘の高校三年間をみてきた父親としては、浪人突入は当然予想できていました。私立医学部入試、国立前期の発表を受けて、予備校の選択を本格化しました。福岡市内の全国大手三校と北予備博多駅校で説明を受け、S予備校か北予備博多駅校に絞り込んでいました。そして国立後期の受験を終えてきた娘が、「北予備の寮に入ろうかな」と言い出したのです。
それまで、「北予備の寮に入れるぞ!」は受験勉強に身が入らない娘への脅し文句でした。それに対して「北予備の寮に入れられたら、寮の屋上から飛び降りてやる!」がおきまりの返しの文句だったのですから……。いったいどんな心境の変化があったのはさておき、私は『これはチャンス!』とすぐさま北予備小倉駅校に連れていき、入寮の申し込みをしました。何とか緑ヶ丘寮の最後の一部屋に滑り込むことができ、長い一年が始まりました。
私自身が浪人生活を経験していることもあり、第一志望を目指して努力することで得られる経験と忍耐力。自分がどれだけやればどのくらいできるようになるのかが見極められるようになり、自分自身に対する自信が形成されるなど、得られることも多いことはわかっていました。
しかし、いざ寮生活を始めさせると、そのストイックさに本当にこのまま一年間がんばれるのかと不安になってしまいました。しかし、何度か寮を訪れるうちに、娘が寮の仲間と打ち解け、寮長さんや寮母さんにも信頼される生活を送っている様子を見聞きして、改めて自分からよくぞ寮に入ることを決断してくれたと思いました。最後まで第一志望を貫けたのも、「これだけ真面目に努力している子はみんな合格していきましたよ」と言っていただいた寮長さんの言葉と、北予備の指導について行った娘の一年間の積み重ねを信じられたからだと思います。北予備での熱心なご指導と、寮での親身なお世話に感謝いたします。
 
熊本大学(医―医)合格 NIさん(福岡・修猷館高校卒)のお父さん