保護者の合格体験記(Felix編)

 
フォーム
 
久留米大学(医-医)推薦合格 R・N君(鹿児島・加世田高校卒)のお母様より
「1年で結果を出す」と誓いを立てた息子が選んだフェリックス
 
 平成26年度のセンター試験で医学科への道が閉ざされ息子は早々に浪人する事を決心した。落ち込む暇もなく親子で予備校探しに明け暮れた。環境を変えて自身を追いこまなければ、医学科の門はそう簡単に息子を受けいれてくれないと悟った。
 過去をさかのぼると、息子と私には辛い事があった。幼さのまだ残る中1の夏に父親が急死した。目の前で父を看取るという当時は直視できない程の経験をした。3日3晩、親子で看病したが父親は1度も目をさます事なくこの世を去った。息子が人の死を経験したのは、残念な事に自分の父親だった。そして同時に医者というすばらしい職業、患者にとって医師の存在という事を身を持って感じた。「1年で結果を出してくるから」と、自分自身に誓いをたてた息子が自分で選んだのが、小倉校フェリックスであった。
 医学科について何も詳しい事のわからない私であり、時々、チューターにお電話でいろいろと、おたずねする事もあった。チューターは、いつも親切に明るく話をしてくださり、先の見えない暗い場所にいる私を、受験について、わかりやすく話して下さり、私の気持ちは晴れた。フェリックスを信じ、チューターを信じ、そして息子を信じ、私の祈る毎日は続いた。規則正しい生活、自習、1日の始まりから終わりまで全てが「合格」の為の生活そのものであった。結果は、久留米大学の推薦入試の合格であった。やっと夢であった医師へのスタートラインに立てた。
 息子は合格する為に、フェリックスで、たゆまぬ努力をしてきたことだろう。フェリックス、チューター、その他の関係者の皆様には心から感謝している。息子も「フェリックスを選んで良かった」と言っている。息子は、自分の理想とする医師への道を進む事だろう。その道しるべを与えてくれた、北予備に、「ありがとう」と何度も言いたい。
 
広島大学(歯-歯)合格 T・T君(東京・渋谷教育学園渋谷高校卒)のお母様より
初めての土地、初めての寮生活。友人もいなくて心配でしたが…
 
 「フェリックスに入ってよかった」。合格発表日の息子の第一声でした。
 ちょうど1年前、親子でどうして良いかわからず、コンピューターで医歯薬専門予備校と検索し、興味を持った予備校が北九州予備校フェリックスでした。小さい頃から規則正しい生活を送ることを苦にしない息子にピッタリで、この環境ならば息子がやる気を出すきっかけを作ってくれる予備校ではないかと話し合いました。最終的に初めての土地、初めての寮生活、友人も知り合いもいない中で勉強をすることを息子が選び、入れていただくことになりました。
 最初のテストでホームルームクラスは1番下でしたが、温かく支えてくださる教科の先生方やチューターさん、切磋琢磨できる良き仲間に囲まれ、その中で自分の目標を見つける事ができました。フェリックスに入り数ヵ月後に久しぶりに会った息子の瞳がとても輝いていた事、夏に、ホームルームクラスが上がったよと嬉しそうに話してくれた事が、私の中では一番嬉しく印象に残っています。
 父親に合格を伝える時も「フェリックスへ入れてくれて有難う」でした。息子のこの言葉を聞き、東京から思いきって北九州に出した選択は間違っていなかったと実感し、嬉しく涙が止まりませんでした。
 毎日息子を見守り健康管理をしてくださった寮長さん、寮母さん。いつも励ましの言葉をかけてくださり頑張りたいという気持ちにさせてくださったチューターさん。そして熱心に勉強の面白さを教えていただいた先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。努力は必ず報われる事を教えてくださったフェリックスとのご縁を嬉しく思っております。これからもうちの子のような、高校で勉強をやらずに過ごしてしまったお子様の力になっていただきたいと思います。
 息子を預けて本当に良かったです。有難うございました。
 
日本大学(医-医)合格 T・O君(島根・松江北高校卒)のお父様より
3浪目に“最後の砦”として選んだ北予備。正解でした!
 
 北九州予備校小倉校フェリックスと寮の職員の皆様、1年間ありがとうございました。皆様のおかげで我が家にも4年ぶりの春が訪れました。息子は心の底からの笑顔を浮かべ、4月からの東京での新生活に思いをはせています。昨年の今頃、国立後期合格を蹴って3浪することを自分で決めて入寮準備に追われる姿は、今では懐かしい思い出となりました。
 しかし、この春が来るまでは苦しい毎日でした。最後の砦としてフェリックスを選択しました。しかし、3浪の身、寮生のほとんどが年下の中でうまくやっていけるのか?厳しい生活指導に耐えられるのか?心配が絶えませんでした。
 息子のコースでは、受講状況と寮の生活レポートが毎月届きました。「先月も登校している」「食事している」と安心できました。本人も過去の予備校の寮に比べて居心地が良かったと申しておりました。そのせいでしょうか、退寮時には最後の一人になってしまいました。
 チューターには息子だけでなく親までお世話になりました。息子が体調を崩した時もすぐ連絡をいただき、大事に至らず助かりました。入試本番で結果が出ず、私が不安になり、何度もチューターに電話をかけてしまいました。そのたびに「必ず受かります」と力強い言葉をいただきました。親の不安解消の面倒までみていただきありがとうございました。チューターは受験で東京に1人でいた息子にも、何度も電話をかけていただいたようで、心強かったことと思います。
 東京校の皆様にもお世話になりました。保護者会の説明通り、宿を東京校の近くに手配しました。何度も自習で東京校を利用したようです。合格の最後の1ピースは、東京校の自習室だったと思います。最後に、今後も私どものような迷える子羊、大羊を合格に導いて下さい。1年間本当にありがとうございました。
 
※北九州予備校では、在籍校舎以外でも自習室を利用することができます。
 
金沢医科大学(医-医)AO合格 Y・N君(大分・大分東明高校卒)のお母様より
医学部を目指す息子の浪人が決まりFelixに即決
 
 私立医大を目指す息子の浪人が決まった時、予備校はFelixと即決しました。中学高校時代、勉強から逃避し遊び回っていた息子が初めて親元から離れるのに、寮則がしっかりしている北予備の寮以外ないと考えたからです。また、大学受験の中でも私立医大は特殊で、医学部専門予備校でないと正確な情報を持っていないことを実感していたからです。厳しいと評判の北予備に息子自身も合格した先輩からのアドバイスで、自ら入りたいと言ってきました。
 実際に入学し、生徒に「不合格体験記」「合格予定体験記」や日々の気持ちをぶつける寮生日誌を書かせる等、モチベーションをあげるための様々な取り組みを知り、非常によく練られていると感じました。
 テレビ等不要なものは一切ない、勉強するしかすることがないと本人が笑っていましたが、勉強することが「歯みがき」と同じくらい当然のことになったと言っていました。朝一番に登校し休日も自習する生活は、自宅にいた頃とは正に別人のようでした。この変身ぶりはやはり北予備の環境のお陰だと思います。「受験は団体戦だ」と言いますが、同じ志を持つ生徒が周りがするから自分もする空気を作る…この言葉の意味を実感させられました。
 お陰様で多浪覚悟で始めた浪人生活、半年で金沢医大に合格することができました。受験には運や縁もあると思いますが、当初予定していなかった金沢を勧めて下さったのはチューターでした。合格はFelixに預けていなければ、ありませんでした。精一杯努力した本人にとっても、そんな息子の背中を見ることができた私達親にとっても、北予備での日々は忘れ得ぬものになると思います。
 お世話になりました講師の先生方、チューター、寮母さん、皆様に御礼申し上げます。
 
久留米大学(医-医)合格 M・T君(熊本・真和高校卒)のお母様より
Felixの2年間は成績が伸びただけではありません!
 
 2015年春に、久留米大学医学部合格の素晴らしい感激の日を迎えることができ、北九州予備校Felixの講師の先生方、チューターの先生方、事務長、寮長・寮母さんには、家族一同、心より感謝申し上げます。
 2年前、長男が北九州行きのバスに乗り、不安げな顔で出発した日のことが、今でも鮮明に記憶に残っています。厳しいとの評判高い北九州予備校で、息子はついていけるのだろうか、最難関の医学部合格を達成できる日が来るのだろうかと、送る側の私たち家族も不安で胸が張り裂けそうな気持ちでした。
 そんな不安を感じる間もなく、長男はどんどん逞しく成長し、合格に向けて努力する姿を見せてくれました。先生方の心温かいご指導のおかげにより、成績も着実に伸び、本人の自信とやる気につながっていったのだと思います。Felixでの2年間で成績が向上したというだけでなく、周りの人への感謝や思いやりの気持ちも表すようになり、人間的にも大きく成長できたと感じます。FELIXにお世話になって本当に良かったと実感しております。
 また、離れている家族にとって、不安な気持ちを支えてくださったのは、チューターの先生からの丁寧なお手紙と寮長・寮母さんの優しいお声かけでした。息子が心身ともに元気で過ごせたのも、先生方はじめFelixのすべての関係者の皆様の力あってこそと、心より御礼申し上げます。
 Felixでの素晴らしい出会いに感謝し、医師を目指しFelixの門を叩いた時の初心を忘れず、これからの人生に生かしてほしいと思います。
「努力は実る!」すべての人に伝えたい言葉です。2年間お世話になり、本当にありがとうございました。
1