2015「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
前年は大手校で携帯やパソコンの誘惑に負け、2浪目は北予備の寮に

1年前の今頃、私たち夫婦は北予備の小倉駅校で予備校と寮の説明を聞いていました。後期試験の発表前でしたが、もし合格しても「もう1年医学部を目指して勉強したい」と息子は言うだろうと思ったからです。
 前年は自ら希望して、大手予備校に通っていました。しかし、日を追うごとに生活が乱れ、勉強時間は不規則になり、携帯やパソコンの誘惑に負ける日が続きました。このような勉強では医学部に合格する筈はありません。息子も同じような事を考えていたようです。「俺、北予備の寮に入って勉強に集中したい」と呟きました。寮に入るのならば大志寮。もう私たちは決めていました。
 今までの勉強を見直し、得意科目で引っ張ろうとせず、苦手科目を克服する。国語や特に英語など文系科目の勉強時間を増やし、センター試験9割を目指す、との事。
 夏が過ぎ、寮での規則正しい生活や勉強の絶対量も増えたのか、少しずつ成績も伸び始めて来ました。そんな折、わが家では夫の体調が悪くなり、息子は勉強に集中するどころではなくなりました。家族で病院に泊まり込む日々。勉強と私の体調を気遣いながらの受験でした。センター試験では、満足する点数がとれず「三浪」を覚悟しました。
 思いがけない事が起こった1年でしたが、1つ1つを乗り越えながら、逞しく成長していく息子が今は誇らしく思えます。自宅から通える産業医大に合格出来たのも、主人が天国で見守ってくれたお蔭のような気がしてなりません。
 最後に、いつも温かく見守りながら、データを分析して助言を戴いた担当チューター。大志寮の寮長・寮母さん。お世話になった先生やスタッフの方々。皆様のお蔭で今があることに感謝しながら、新たな世界で1歩ずつ歩んで行きたいと思います。

 

産業医科大学(医―医)合格 Y.Y君(福岡・小倉高校卒)のお母さん 
 
私も20数年前の北予備生。娘の先生方や友達の話を楽しみにしていた

お陰さまで第一志望校に合格することができました。毎朝玄関であいさつをして頂いた校長先生、いつも明るく前向きな指導をして頂いた担当チューター、その他のスタッフの皆様に支えられ、合格を手にすることができたと感謝しております。
 娘は小学校4年生で転入し、そのまま中高と進みました。優秀な生徒ではありませんでしたが、まじめな性格ですし、部活では部長をし、定期テストや課題も普通に熟していたように思います。現役時代のセンター試験も本人は失敗したようなことを言っておりますが、実は過去最高点で『本番に強い』と私は冗談まじりで娘に言っている程です。歯学部歯学科と言わなければ、進学していたのでしょうけれど、娘がもう1度頑張りたいと言い、主人が1年だけの約束で浪人を決めました。
 主人はとても心配していたようですが、私も実は20数年前、北予備にお世話になっており、娘が通うことを秘かに応援していました。
 塾に行ったこともなかった娘が、休日も朝から自習に出かけ、平日も最後の時間まで自習をして帰ってきました。そんな娘に主人は「たまには休みなさい。早く帰りなさい」と心配して声をかけていましたが、私は「お友達と一緒に自習するのが楽しいんですよ」と話していました。
 私は、毎日のお弁当作りをしただけで、後は娘がしてくれる北予備の講師の先生方や友達の話を楽しみにしていました。
 娘は、「これから勉強頑張る」と、1年前、2年前より、張りきっているように見えます。
 北予備での苦しいけれど仲間と一緒に頑張った楽しい経験を生かして、しっかり社会に貢献できる大学生、大人になってくれると思います。楽しみながら見守っていきたいと思っております。
 御指導、ありがとうございました。

 

九州歯科大学(歯―歯)AO合格 N.Tさん(福岡・明治学園高校卒)のお母さん
 
自宅から通えるのに本人のたっての希望で北予備+寮に

「努力は実る」の言葉通り、息子の努力は実りました。「北予備に預けて良かった」と心から感謝の気持ちでいっぱいです。
 思えば1年前、京大の前期試験に失敗し、他大学に受かったものの、息子が自分から「やはり京大を目指したい。もう1度、挑戦をさせて欲しい」と言いました。本人がそこまで言うならと、応援をすることにしました。予備校は本人のたっての希望で北予備へ。しかも、自宅から電車で通えるにも関わらず大志寮へ入ることにしました。自宅から通えるにも関わらずどうしてかと思いましたが、厳しい寮生活に自分を追い込んで頑張りたいと強く覚悟を決めたのだと思い、承諾しました。
 北予備では、6時限の授業が終わると急いで寮へ帰り、お風呂と夕食を終えて7時過ぎから11時まで全員が自習。朝は全員7時に起床し8時には予備校の教室到着です。授業がない土日も、夜の自習に加えて朝9時から12時まで自習。これらが毎日繰り返されるわけですから、息子の言葉を借りると「寮生の勉強量はハンパなく」、日々の勉強量は現役の時とは比較にならなかったようです。その甲斐もあって、夏が終わる頃から成績も安定いたしました。
 もちろん良い事ばかりではございませんでした。センター試験直後の夜、禁止されている他室訪問で自宅謹慎となり、呆れてしまうこともありました。
 最後に、浪人生としてのこの1年間は取り戻すことが出来ない時間ではございますが、北予備で得たものは息子にとってこれからの学生生活や、その後の社会人としての自信や信念を身につけるきっかけとなるものであり、これまでの親としての力不足を自省する所でございます。生活面を支えて下さった寮長・寮母様をはじめスタッフの皆様、受験に向けてご指導をして下さった担当チューターをはじめ諸先生方、本当にありがとうございました。


京都大学(薬―薬)合格 T.M君(福岡・照曜館高校卒)のお母さん
 
長男に続き次男も北予備に。山大(医・医)に合格!

合格発表から1週間、親子共々喜びをかみしめています。発表の日、掲示板の前で胴上げされる息子は、嬉しさと安堵の笑顔を見せていました。「努力は実った!」。
 振り返れば、長男(北予備で1年間お世話になりました)の現役受験から、3年連続の大学受験にひとまず終止符を打つことができました。1年前、次男も迷うことなく北予備を選び、寮に入ると申し出ました。親としては、子どもがそこまで覚悟を決めているのだから、後は北予備を信じて子どもをあずけました。
 寮の宿泊体験を私が2回、主人が1回させていただきました。150名を超える仲間と共に切磋琢磨している息子は、勉強面だけでなく集団生活を通して精神面も強くなり、心も育っていったように思います。
 北予備での昼間の学習に加え、夜の必修自習で着実に力をつけていったようです。自習の初めにある寮長のお話は、受験生や保護者にとって、気持ちを前向きにしてくれるお話で、私は体験に行く時の楽しみの1つでした。子どもの寮生日誌の中にも、北予備と寮、そして周りにいる仲間、このすばらしい環境の中で勉強できることに感謝しているという言葉が書かれていました。私も全く同感でした。
 子供が小1の時に「医師になりたい」と夢を持ってから13年、努力が遂に実りました。合格がゴールではなく、これからまた険しい道のスタートになるかと思いますが、北予備で学んだことを糧にして、1歩ずつ前に進んでほしいと思います。最後になりましたが、的確なアドバイスをして下さった担当チューター、先生方、生活面と心の支えになっていただいた寮長さん、寮母さん、スタッフの方々、共に頑張った仲間たちに感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。


山口大学(医―医)合格 K.K君(福岡・照曜館高校卒)のお母さん
 
「医師になりたい」。その願いを叶えるには「北予備しかない」

現役時代、8月の部活引退後も今一歩勉強に身が入らずセンター失敗。落ちこんだ気分で前期試験を受験。結果は不合格。完全に負のスパイラル状態でした。「医学部に入学したい、医師になりたい」。その願いをかなえるためには「北予備しかない、大志寮に入寮させてほしい」と本人が頼んできた時、寮でやっていけるのか少し不安でしたが、本人の気持ちをくんで入寮をお願いしました。
 寮から北予備までの道のりは遠く、毎日の登校もかなり大変なのではないかと危惧しました。入寮後、3ヵ月して、大志寮に宿泊体験させていただいた時、全ては杞憂であったことを知りました。
 現役の頃と比べて、顔が引きしまり、目に力がみなぎっており、充実した生活をしていることが一瞬でわかりました。同じ志を持つ仲間と寝食を共にし、予備校までの通学時間さえも、会話を通じて復習、更に、体力作りも兼ねていることを楽しそうに語ってくれ、本当に安心しました。成績は、うなぎのぼりとは行かず、一進一退でしたが、夏以降、少しずつ、成果が出始め、模試の成績判定も上向いてきました。
 最後に残ったのは、国語。毎日一題ずつ、友人と時間を決めてセンターの過去問を解いていたようでしたが、1月のファイナル模試まで結果が出ないままでした。かける言葉がみつからず、「センター当日に、奇跡が起きるかもしれないよ」と言うと、「練習試合でできんことが試合当日だけできることはない」と反対に怒られました。しかし、センター当日、神が舞い降り、初の一170点という奇跡が起きたのです。努力は実ったのです。そして、第一志望であった大分大学医学部に合格できました。
 合格したことは、大変嬉しいことですが、それ以上に、努力することの大切さを身をもって体験できたことが本人の人生の宝物になったと思います。北予備大志寮での1年間に心から感謝いたします。ありがとうございました。

 

大分大学(医―医)合格 A.K君(福岡・東筑高校卒)のお母さん