2015「北予備に預けて」

 
 
母さんお願い!北予備で浪人させて
このサイトに掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。
 
フォーム
 
「本当にあの時、北予備を選んでよかった」努力は実りました

まずは笑顔で春を迎えられたことに大きな喜び、そして支えて下さった担任チューターや職員の方々、寮長さん寮母さん、同じ「合格」という目標に向かって1年間努力してきた仲間達に感謝の思いでいっぱいです。
 昨年浪人が決まったときはすぐに予備校選びに取りかかりました。いろいろなパンフレットやインターネットなどで調べた結果、娘が「北予備で1年間頑張ります」と決心しました。1年真剣に勉強に向き合いたいという自分の決意に、しっかりとサポートして下さる北予備の教育システム(とりわけセンター対策朝テスト・寮での必修自習)が合うと思ったのでしょう。
 事実、北予備での1年間は毎日の努力の積み重ねであり、現役時代の何倍も濃い時間となりました。勉強面では努力した分、着実に成績も伸び、それらがまた学ぶ意欲につながっていったようでした。しかし勉強だけに向きあうという厳しい環境の中で、最後まで戦うことができたのは、クラスメート、寮の仲間がいたからこそです。お互い励まし合い冗談も言い合い、つらいことも共有しながらみんなで成長してくれました。飛梅学寮に入れてしっかり勉強できたこと、たくさんの仲間に出会えたことは何よりの財産となりました。
 1年間、自分の将来について考える時間にもなりました。自分の将来の夢の実現のために志望校・学部を高校の時より深く考え、担当チューターも親身になって相談にのって頂き、ありがとうございました。おかげさまで娘にぴったりな大学に合格できました。合格発表の日に娘の番号を見つけたとき「本当にあの時北予備を選んでよかった」「努力は実る」入寮の日に頂いた寮長さんの「力強い言葉」…たくさんのことが思い出され喜びもひとしおでした。たくさん支えて下さった先生方、寮長さん寮母さん、本当にお世話になりありがとうございました。

 

広島大学(教育―数理)合格 Y.Tさん(佐賀・武雄高校卒)のお母さん
 
兄がお世話になったので、校風をよく知った上で娘も北予備を選びました

娘が現役の受験に失敗した2014年3月に、自ら「北予備の寮に入り頑張りたい」と宣言した時を、今でも鮮明に憶えています。5歳上の兄が、北予備小倉駅校の大志寮にお世話になったため、寮生活の詳しい情報は娘も知っていたはずでした。厳しい学習指導と、規則正しい生活で知られる北予備の寮生になる覚悟をいつの間に決めたのか、どのような想いを巡らせ辿り着いた結論なのかを想像するだけでも、胸がつまる思いでした。
  初めて親元を離れ寮生活する不安で、親子ともども、大変心配しておりました。しかし、入寮の日に、寮長先生、寮母さんの温かい人柄に触れ、大変安心した事を憶えています。ほとんど知り合いがいない状態でスタートした寮生活でしたが、徐々に気心の知れた友人に出会い、親の目から見ても、充実した寮生活を送っていたと思います。寮の仲間と、お互いに早朝に部屋のドアをノックして、起こし合ったり、気持ちが落ち込んだ時には励まし合ったりして、厳しい浪人生活を乗り越えていたようです。たまに面会に行くと、瞳を輝かせて、いろいろな友人の話を聞かせてくれました。厳しい生活の中にも、楽しい部分も垣間見える気がしました。
  北予備にお世話になって最大の収穫は、志望校への合格と言う事は間違いありません。しかし、その事と同じ位に大切なものを得た事も事実です。1つは、一生お付き合いをしていくであろう親友とも呼べる友人に出会った事、2つ目は、感謝の気持ちを知った事です。それまでは、当たり前だと思っていた、さまざまな事が、実は周りの人の愛情や思いやりの気持ちで成り立っていた事に気付いた事です。校長先生はじめご指導いただいた先生方や、寮長はじめ寮のスタッフの方々に対して、娘の口から感謝の言葉を聞くたびに、北予備を選択した事は正しかったのだと、しみじみ実感しています。北予備の皆様、本当にありがとうございました。

 

産業医科大学(医―医)合格 R.Mさん(長崎・佐世保北高校卒)のお父さん
 
数々の予備校を調べ、親子で一致した北予備に預けた

国立大学に合格したものの「浪人させてほしい」と言われ、息子の言いなりで大丈夫なのか?と、とても不安な日々となりました。そうは言っても立ち止まるわけにはいかず、大手予備校から少人数制の予備校まで情報を集め、予備校探しに時間を費やしたことが昨日の事のように思われます。親子別々に予備校を調べる中、周囲から勧められる大手予備校がありましたが、「ここにする」「ここなら預けてもいいかも」と一致し、そこからは迷う事なく北予備での浪人生活の始まりとなりました。
  寮での生活は、心のこもった食事、掃除が行き届いた館内で規則正しい生活を送り、勉強に集中できたこと。携帯電話の使用に制限がある事、人の部屋へ立ち入りできないことなどの規則があり、大変ありがたく感じていました。毎夜、寮の仲間と同じ場所で自習を行うことで刺激を受け、くじけそうになっても最後まであきらめずにやり通すことができたように思います。勉強だけではなく親元を離れての寮生活は、様々な考え方に接する事ができ、自分を見つめる良い機会になったようです。
  模試などで思うような結果が出せず落ち込んだりしていましたが、とにかく前を向きベストを尽くすよう励まし続けました。保護者会で事務長さんがおっしゃった「成績のピークが本番で来ればいい。ぎりぎりでも合格すればいい。決してあきらめないで下さい」という内容を聞かせ、最後まであきらめなかった息子。「努力は実る」「あきらめない」その意味を身を以て経験した事は、この先、強い精神力と自信につながり、本人にとって価値のある1
年になったと確信しております。自分の考えを存分に言葉にすることが苦手な息子に対して、面接指導を熱心にしていただきました校長先生をはじめ、担当チューター、日々温かく見守って下さった寮長・寮母の皆様に感謝いたします。
  北予備を信じ息子を信じ北予備に預けてよかった。心からそう思います。


長崎大学(医―医)推薦合格 K.M君(長崎・佐世保西高校卒)のお母さん
 
「何を考えているのか。この点数で医学部は無理」と高校の先生

息子が、「医学部に入りたい」と言い出しのは、高校2年の時でした。担任の先生からは、「何を考えているのか」「この点数では無理だ」と言われました。しかし、諦めることなく、「医学部合格を目指して頑張る」と言い続けて、現役の時に、推薦をして戴き医学部を受験しましたが、センター試験の点数が足りず不合格でした。前期試験で合格した大学はありましたが、息子から「お願いです、浪人させて下さい」と頭をさげて頼まれました。
  どこの予備校にしようかと思いましたが、高校の先生方のすすめや、主人の知り合いの方から、北予備なら、自習時間も静かに勉強していて、とても良い環境だと聞き、迷わず北予備の長崎校に決めました。さて、次に寮に入れるかどうかを数日間考えました。「浪人生として頑張るのなら、本気でやってほしい」し、「同じ目標を持つ仲間と、寝食を共にすることで、今後の人生の糧となるものを身につけてくれるのではないか」と思い、入寮させることにしました。
  寮では夕食後の自習室で23時までしっかり学習する。息子にとっては、絶好の環境でした。厳しい浪人生活だったと思いますが、浪人中の不安や焦りは、同じ寮生たちと励まし合いながら、乗り越えることができた様です。そして、味・栄養のバランスもとれた寮の食事は毎日の楽しみになっていました。チューターの先生からは、おたよりの中に写真を入れて戴いたり、三者面談の折は親身にアドバイスを下さり感謝しております。
  長崎校の校長先生、チューターの先生、寮長さん、寮母さん、高校の先生方、寮のお友達など、たくさんの人々の支えや応援のおかげで合格することができました。北予備にそして寮に預けて、本当に良かったと、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

長崎大学(医―医)推薦合格 T.I君(長崎・大村高校卒)のお母さん
 
「お父さん、北予備の授業はやばい。ものすごく理解し易い」

「お父さん、だめやった」。沈んだ声で電話をかけてきたのが1年前の3月。目標としていた大学では無く、センター試験の結果で目標を下げての受験に失敗した。高校での成績はそれなりに上位にいたので、目標を下げての不合格の報せに私も忸怩たる思いであった。唯一かけた言葉は「たくさん勉強していたのは知っているが、何かが足りなかった。その何かを今後は追求しないといけない」。ただ、この「忸怩たる思い」が後々不合格で良かったと変わるのに、時間はそうかからなかった。
  3月20日、北予備の説明会に子供と共に参加した。それから数日後、「お父さん、北予備の授業はやばい。ものすごく理解し易く、これまでの勉強とは違う、来年に向けて頑張る」。お気軽に参加したつもりの授業が「目から鱗」であったのだ。やる気に満ちあふれた久しぶりの息子の笑顔であった。この日を境に勉強の士気が急激に増し、それからは毎日遅くまで北予備で過ごす時間が増え、成績も落ちることなく目標に向かって伸ばしていった。
  家で会う時間も減り、学業についても本人は普通というのみ。北予備から定期的に送られてくる時間単位の出欠表、成績表を見て安心していたものである。また、親に対しても保護者会、三者面談が年に複数回にわたって開催され、親の受験に対する姿勢にも助言があった。
  兎に角、息子と北予備は相性が良かった。チューターを信頼し、気軽に相談できる環境が整っていたようだ。また感覚で進言するのではなく、過去の実績やデータベースを元に挑戦可能な大学を抽出し、本人に適した大学を勧めてくれていた。北予備と出会えたことに感謝すると共に、1年間サポートしてくださったチューター並びに講師の方々には、この場をお借りして御礼申し上げたい。
  「1年間、息子を支えて頂き感謝申し上げます。有難う御座いました」

 
名古屋大学(工―機械航空)合格 K.S君(長崎・長崎西高校卒)の父